コンテンツ

新たな問題も出てくるタンクレストイレの水漏れ

トイレもどんどんと進化し、最近ではタンクレスも登場しました。大きなタンクが無くなったことで場所が広くとれます。しかし、既存のトイレと比較して高機能だからといって、水漏れしないわけではありません。違った問題も出てくるため、注意が必要です。

■スタイリッシュなデザインと電気での制御の問題

タンクレストイレの構造は、タンクを持たない代わりに、水道管を使って取り入れます。水圧を使って流しますが、水漏れすることがなくなったわけではありません。水道の配管がつながるため、ここから水漏れすることがあります。電気制御になったことで高機能になった反面、誤作動で止められないことも起きるようになりました。
構造を見ても長年使われてきたトイレと違い、電気を使うところを考慮しなければいけません。何らかの異常が出たときに修理をしたくても、感電する危険性があります。電気制御は便利ですが、修理するパーツも増えますし、これまでになかったトラブルが出てくるため注意を要します。

■メリットの反面デメリットも大きい

タンクレストイレは広いスペースも取れますし、使い勝手も考えられとても便利です。メリットも多数ありますが、水回りを含め、どんな製品でも構造が複雑になるとその分のメンテナンスが必要になります。電気を使うパーツは、これまでのトイレとは違い、見た目で判別が難しくなりました。素人が修理すると感電などのリスクもあるため、パーツの交換なども専門業者に任せてなければいけません。タンクレスは非常に高機能で便利なトイレなのは確かですが、その機能を生かすためにも、専門業者による定期的な検査も欠かさないようにしましょう。

■まとめ
タンクレストイレには、水漏れしたら、止水栓を閉めるほかに、感電の危険性を下げるために電源を切ることも必要とされます。電源を落としてから、原因を探ることが大切です。
故障したときには、電気系にかなり重大な問題を抱えていることもあります。電気は目に見えず、わかりにくいところがあるため、修理できる業者の連絡先は確保しておくと間違いありません。すぐに連絡できる状態を作っておけば、これまで以上に快適で安心して使えるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ