コンテンツ

トイレの水漏れで多いレバーと連動するゴムフロート

トイレは、レバーを操作することで流すことができる設備です。レバーを引いて、正確に動いてくれなければ、水漏れを起こすことがあります。うまく作動していないときには、問題を抱えていると判断しなければいけません。

■レバーとゴムフロート

タンクを持っている既存のタイプのトイレは、レバーを引くと栓になっているゴムフロートが持ち上がります。鎖がつけられているからで、これでタンクの底から水が便器に流れ込む仕組みです。レバーと連動させるためには、鎖の長さが適切でなければならず、ゴムフロートもぴったりと排水弁にはまることが水漏れさせない条件です。
トイレの水漏れが続くとき、このゴムフロートに異常が出ている場合があります。水の中に沈んでいるパーツであり、どうしても劣化が進む部分だからです。弾力性を失い、しっかりとした円形でなくなると、排水弁を閉められなくなります。レバーで操作しても、一向に水が止まらない状態です。

■交換は簡単

ゴムフロートに問題が出ると、便器の中に絶え間なく水が流れていきます。これが、ちょろちょろと便器に水が流れていく原因です。流れただけで、タンクの中の水がなくなれば損害もそこで終わりますが、水道から一定量になるまで供給が続きます。この繰り返しをするため、24時間水漏れが絶え間なく続くことになり、驚くほどの水道代になることもあります。
対策は、新しいゴムフロートに変えるだけでです。レバーと鎖の位置さえ間違わなければ、これまで通り水も止まり、水漏れも発生しません。道具もほぼ必要がない場所のため、自分で確認してみるのが大切です。

■まとめ
レバーとゴムフロートの連動は、トイレの大事な機能です。水流によって便器の中を流すためにも確実な水量を確保しなければいけません。劣化も激しい部分となるため、水が流れている状況が見られたときには、真っ先に交換を検討するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ