コンテンツ

トイレの水漏れにつながる異物の除去

トイレには、流すことができるものが決まっています。異物になるものを投入すると、除去しなければ流れません。水漏れの大きな原因となるため、誤って入ったりしないよう注意が必要です。

■トイレットペーパー以外は絶対に流さない

便器の中に異物が落ちたことで、流れなくなって詰まることがあります。よくあるのは、トイレットペーパーではなく、ティッシュペーパーを代用として使ったことで詰まってしまった状態です。水で流せるように作られたトイレットペーパーに比べ、ティッシュペーパーは水に対応していません。水を吸いこみ膨れるだけで、配管内で異物となり詰まる状況が生まれます。
水が流れなくなり、除去しなければ使うことができません。水漏れにつながるトイレのトラブルではよく起こりますので注意が必要です。どんな状況であれ、トイレットペーパーなどトイレで使用できる仕様の物以外は使ってはいけません。

■携帯電話なども落とす危険性が高い

トイレの便器に落ち異物となって水漏れや詰まりにつながるものは室内に複数あります。棚を取り付けている場合、なにかの拍子に崩れて便器の中に落ちると詰まって流れません。棚に小物を置いている場合には、特に注意しなければいけません。小さなものが落ちると、簡単に取れなくなる危険性もあるため、置かないことが一番安全です。
異物という点では、携帯電話を落下させるのもよくあるケースです。持ち込まなければ落とすこともありませんし、詰まる状況も生まれません。落とした衝撃で便器が欠けたりすることも考えられるため、リスクのあるものは持ち込まないことが大切です。

■まとめ
トイレの排水の径を超えるものは決して流れません。溶けずに詰まるものもたくさんあります。使えるものも決まっているため、他のものは絶対に使わないことが、水漏れを含め問題の発生を回避できる方法です。落としてしまったときには素早く除去するのが一番ですが、取り除けないときには専門業者に依頼する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ